2014年3月31日にできたという新しい公園に行ってきた。駐車場などの無い小さな公園。

南外山公園 (みなみとやま こうえん) in 南外山遺跡 (みなみとやま いせき)

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

すべり台やブランコなどの遊具。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

テーブルとベンチ。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

背のばしベンチ。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

グラウンド。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

フェンス。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

南外山遺跡の情報が載っている看板。

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

愛知県小牧市 南外山公園 (南外山遺跡)

名称 南外山公園
位置 大字南外山字東浦
区域 別紙のとおり
供用開始年月日 平成26年3月31日

公告 [PDF]
【小牧】小牧市は、南外山公園新設工事を2013年度に発注する。
 建設地は南外山町の更地で、面積は約3000平方㍍。園内には多目的広場、遊具、水飲み場、東屋(あずまや)、フェンス設置などを予定している。

小牧市 南外山公園新設 13年度に|建設工事ニュース
1 制限付一般競争入札に付する事項
(1)工事名 公園整備工事(10003910)
(2)路線等の名称 南外山公園
(3)工事場所 小牧市大字南外山地内
(4)工期 平成25年9月20日から平成26年3月 5日まで
(5)工事概要 施設撤去工一式、敷地造成工一式、給水設備工一式、雨水排水設備工一式、汚水排水設備工一式、電気設備工一式、園路広場整備工一式、修景施設整備工一式、遊戯施設整備工一式、サービス施設整備工一式、管路施設整備工一式、建築施設組立設置工一式
(6)予定価格 金46,618,000円(この金額は消費税及び地方消費税を除いた金額である。)
(7)最低制限価格 設定する(事後公表)

平成25年8月1日 10003910 公園整備工事 南外山公園 土木一式 公告 [PDF]
議案第15号については、提案説明の後、委員より、今回、南外山児童遊園が廃止になった理由は何かとの質疑があり、これに対し、現在ある南外山児童遊園の近くに都市公園として南外山公園を現在整備中である。新しい公園ができることに伴い、維持管理等の関係から区より南外山児童遊園の廃止の申請が出され、市としても廃止の判断をしたものであるとの答弁があり、採決の結果、全員一致により原案のとおり可決すべきものと決しました。

平成26年小牧市議会第1回定例会会議録 [PDF]

南外山遺跡の発掘情報。

南外山遺跡(みなみとやまいせき)は、愛知県小牧市の南外山地区にある遺跡である。元々「南外山北浦遺跡」・「南外山東浦遺跡」・「南外山城跡」の3つに分類されていたが、2006年3月31日に定義が見直され、1つの遺跡とされた。縄文時代後期から室町時代にかけての幅広い年代の遺物や住居跡などが見つかっており、現在も発掘調査が進められている。

南外山遺跡 - Wikipedia
小牧市南外山の「南外山東浦遺跡」の発掘調査を進める小牧市教育委員会は1日、奈良から平安時代に作られたとみられる「土馬(どば)」の頭部を出土したと発表した。土馬は奈良・平城京などで多く見つかっており、祭祀(さいし)の際のおまじないで使われたと考えられている。市教委は「律令制度の全国波及とともに都の風習がこの地まで広がったことを示している」と話している。
同遺跡の発掘は01年に始まり、これまでに縄文時代から室町時代の土器の破片などが多数出土し、弥生時代中期以来約2000年にわたり、この地に集落や城が存在したことが分かっている。
今回最大の発見である土馬は、遺跡東部の外堀付近で見つかった。比較的低温で焼かれた土師器質で、大きさは鼻先から後頭部までが約5センチ、頸(けい)部から最頂部が約7センチ。耳は欠損しているが、焼く前にへらで描いた顔の表情やたてがみがはっきり見て取れる。頸部から下は見つからなかった。
市教委によると、土馬は6世紀後半から10世紀初頭までの遺跡から出土しており、律令制度とともに大陸から導入された思想に基づく祭祀用品。当時は河や雷の神が馬を好むとされ、雨乞(あまご)いの儀式に用いられたとする説があるという。県教委文化財保護室は「土馬の県内での出土例は少なく、当時の人々の暮らしぶり解明にとって貴重な発見だ」と話している。(毎日新聞より)

◆南外山東浦遺跡【愛知県小牧市】外堀付近から土馬 | 古墳☆参考文献の書庫 - 楽天ブログ
目的(対象をどの様な状態にするのか)
保存が不可能な埋蔵文化財について、調査、記録、保存をおこない、後世に伝える。

○24年度実施内容
 職員が中心となり、アルバイト作業員を指揮し、遺跡範囲確認調査、発掘調査等を実施、
出土遺物を整理し、埋蔵文化財の記録を保存した。一部の発掘調査については、委託で実
施した。
  アルバイト作業員数28人、出土遺物は民俗資料保存施設に保存。

(発掘調査:委託)藤島町居屋敷遺跡第3次(290㎡)
(範囲確認調査)南外山遺跡(5㎡)、浄音寺山遺跡(2㎡)、多気神社西遺跡(3㎡)
天王塚遺跡(10㎡)、巾上遺跡(3㎡)、松山遺跡(3㎡)、牛屋遺跡(6㎡)、
         市之久田中島遺跡(14㎡)

○24年度直接経費の内訳
 埋蔵文化財発掘調査委託料(藤島町居屋敷遺跡第3次)(9,240千円)
 電子計算機借上料(埋蔵文化財地図情報システムの借上)(660千円)
 発掘用機材借上料(仮設トイレ等)(40千円)
 その他、発掘調査作業員賃金、消耗品費等(877千円)

○25年度直接経費の内訳
 測量委託料(2,200千円)
 埋蔵文化財発掘調査委託料(藤島町居屋敷遺跡第4次)(7,000千円)
 電子計算機借上料(埋蔵文化財地図情報システムの借上)(661千円)
 発掘用機材借上料(現場事務所、仮設トイレ等)(3,500千円)
 発掘調査埋戻し等工事費(4,400千円)
 その他、発掘調査作業員賃金、消耗品費等(16,910千円)

小牧市 事業番号 397 平成25年度 事務事業評価シート 文化財発掘調査保存事業 一般会計 [PDF]
南外山遺跡・(仮称)小牧城下町遺跡・新町遺跡・内方前遺跡・東田中宮前遺跡・半之木原遺跡・高拍子遺跡・市之久田北浦遺跡・松山遺跡

小牧市教育委員会編

(市内遺跡発掘調査報告書 / 小牧市教育委員会編, 16)

小牧市教育委員会, 2008.3

CiNii 図書 - 南外山遺跡・(仮称)小牧城下町遺跡・新町遺跡・内方前遺跡・東田中宮前遺跡・半之木原遺跡・高拍子遺跡・市之久田北浦遺跡・松山遺跡

lat: 35.2700966, lon: 136.929294

Web Services by Yahoo! JAPAN
Google Mapsで見る   Yahoo!地図で見る

tags: park

Posted by NI-Lab. (@nilab)